VN最新情報


mobile

ソフトピア探検隊ポスターコンクール受賞

連鎖校協会ファッション画コンクール受賞

ヴィジョンネクスト情報デザイン専門学校DM 9月号

岐阜県専門学校 特別セミナー を開催 しました

岐阜県専門学校特別セミナーを開催しました(H30.8.30)

大垣市スイトピアセンター音楽堂で8月30日(木)、本年度第2回岐阜県専修学校各種学校連合会主催の特別セミナーが開催されました。

第Ⅰ部は岐阜経済大学経済学部教授 髙橋利行先生による「若い君たちへ・大学で学ぶということ」、第Ⅱ部はファッションデザイナー中村有希先生による「ファッション産業の仕組みとファッションデザイナーの仕事」でした。

髙橋先生は高校生や大学生に数学を教えられたご経験から、聴衆に直接質疑応答される形式でご講義をされました。岐阜県の人口減少の問題、今後残る職業となくなる職業、社会人基礎力、求められる学習者像、学生の学修時間、大学の授業と高校の授業、企業採用で重視される能力、大学での学び、大学生の時間割と部活動など多様な視点から現代・未来を生きる若者の生き方について熱くお話し頂きました。

中村先生はファッション産業の仕組みと仕事について概要を説明された後、ファッションデザイナーとして30年続けて世界大会(国際高級注文洋服業者連盟主催)に出品された作品の一つ一つをご紹介され、デザイン発想や製作の過程について詳しくお話しを伺うことができました。好きなこと・したいことを一生懸命勉強し感性を高め仕事の知識を掘り下げることが全ての職業で良い結果につながることを学生たちに真摯に伝えていただきました。

お二人の先生からは大変心に残るお話しを頂き、聴衆一同は感銘を受けました。

ソフトピア探検隊に参加しました

ソフトピア探検隊に参加しました(H30.8.28)
8月28日(火)、情報デザイン科3 名はソフトピアジャパンのNPO 法人バーチャルメ
ディア工房ぎふ様を取材させていただきました。
ソフトピアジャパンには岐阜県内外、海外から情報産業の最先端をいく企業が集まって
います。「ソフトピア探検隊」はここで働く人たちを取材し、その企業をPRするポスター
を制作することによりソフトピアジャパンの理解と交流を深める企画です。
今回取材させていただいたバーチャルメディア工房ぎふ様は、平成10年にNPO として
立ち上げられ、現在はNPO 法人として、社会参加を目指す障がい者の方々へのICT を活用
した在宅就業支援を軸として、人材育成事業、サポート事業、研究開発参画事業などに取
り組んでおられます。現在、在宅登録者(ワーカー)が15名登録されており、その活動
はTV ニュース等で特集されているそうです。
様々な事業やアプリ開発の実際についてご説明を受け、学校でのポスター制作の参考と
して大変有益な取材となりました。

インスタグラムご紹介

当校ではインスタグラムを開設しています。
学校の紹介、ファッション、イベントなどを発信していますので是非登録し、ご覧ください。

インスタグラム アカウント @visionnextcollege

 

visionnextcollege

ヴィジョンネクスト情報デザイン専門学校インスタグラム

夏のRobotStyling

暑い夏いかがおすごしですか。
本校のペッパーも夏を満喫しております。

ダイレクトメール[7月号]

会社説明会に参加しました

7月12日(木)、情報デザイン科1・2年生は、名古屋市にある株式会社エイジェック様の会社説明会に参加しました。
株式会社エイジェック様では、人材・雇用に関わる業務全般を事業内容とされ、事業領域は建設・製造・ITなど多岐にわたります。業務形態や様々な職種、キャリアアップ、キャリアチェンジなど、独自の取組について貴重なお話しを伺うことができました。名古屋駅に直結するJPタワー7階にオフィスがあり、今後の就職活動の参考として大変有益な一日となりました。


NDK Fresh Contest 2018 でグランプリを受賞しました

一般社団法人日本デザイン文化協会(NDK)(森 英恵理事長)愛知支部主催のファッシ ョンコンテストにおいて、本校ファッション科2年の安田 瑞姫さんが最高賞のグランプ リ受賞、同じく2年の服部 朱里さんが入選しました。

7 月 8 日(日)、名古屋市のモード学園スパイラルタワーズで開催された作品制作部門の 一般部門(服飾系専門学校・大学・短大在学生)に本校から上記2名が応募し、一昨年の グランプリ、昨年の准グランプリに続いて、見事グランプリを受賞することができました。

本コンテストは、中部地区を中心にファッション界へ参入する若い人たちの夢を実現す る場となることを目的とし、今年の応募総数は376点でした。

今回のコンテストのテーマは「異素材とのコラボ」です。安田さんの作品名は「情熱」、 異素材はプラスティックのストローです。服部さんの作品名は「叫び」、異素材は手芸用の クラフトバンドです。

安田さんは、一つ上のコンテストや高い夢に挑戦する自分の決意を表現するため、フラ メンコダンサーをイメージして、黒(不安)、白(希望)、赤(熱)の三色のストローを使 いました。服部さんは、温暖化の一因である森林伐採が進む中、森の木々の叫びを通して 環境保全を訴えるため、木材パルプを原料とする手芸用クラフトバンド(紙バンド)を使 いました。
【表彰結果】
・一般の部 グランプリ ヴィジョンネクスト情報デザイン専門学校
準グランプリ 愛知学泉短期大学


  

Page 1 of 41234»

Page Top